2015年刊行の本はこちら  2014年刊行の本はこちら  2013年刊行の本はこちら  2012年刊行の本はこちら  2011年刊行の本はこちら  2007~2010年刊行の本はこちら

星星の火

「星星の火」


双葉社刊 1,500円+税


警視庁保安課の刑事・上月は中国語の通訳捜査官・城らとともに池袋の雑居ビルに家宅捜索に向かう。
容疑は入管法違反。取り調べると、拳銃や覚醒剤が出てきた。拳銃の線を洗うと、「竜生九子」という在日華人の組織が浮かぶ。
在日華人の人脈を持つ城が独自に捜査を進めると、一人の中国人の名が。その矢先、城の妻子が拉致される。

――日本と中国。二つの国の間で揺れる男たちの葛藤を描く警察小説。