ユダの柩

走れ病院

星星の火

エンタメ探検隊!

フリーペーパー「エンタメ探検隊」の補足サイトです。 発行にともなう事務連絡、およびフリーペーパーのPDF版、ロングバージョンなど掲載いたします。
-*-*-*-*-*-*-*-*-
みちのく探偵×
サイバー・コマンドー


柴田哲孝さんとの対談はこちらから!
(2013年09月25日更新)




 [ 2016/9/30 ] 『火災調査官』


『火災調査官』
東京創元社 刊 1,800円+税

「火災調査官」とは、火災の予防を目的として、火災の原因と損害状況の調査を行う消防職員のことである。
柿の木坂の空き家で発生した放火事件現場から、時限発火装置と、ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』の一部を模写した複製画が発見された。第2、第3の事件が発生し、事件は連続放火事件へ――





 [ 2016/6/24 ] 『生還せよ』


『生還せよ』
KADOKAWA 刊 1,800円+税

航空自衛隊から内閣府に出向した安濃は、シンガポールで諜報員として潜入捜査に入る。だが、接触を試みた日本人ビジネスマンが撃たれ窮地に立たされた安濃は、手がかりを追ううち、背後に得体の知れない影を感じ。





 [ 2016/5/25 ] 『潜航せよ』文庫化


『潜航せよ』
角川文庫刊 800円+税

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!


 [ 2016/4/21 ] 『バー・スクエアの矜持』文庫化


『バー・スクエアの矜持』
創元推理文庫刊 740円+税

傷と影を抱える男たちの活躍を描く、連作ミステリ第2弾。
(単行本版タイトル『スクウェア〈II〉』改題・文庫化)


 [ 2016/4/5 ] 『緑衣のメトセラ』


『緑衣のメトセラ』
集英社刊 1700円+税

ガンの発生率が高いと噂される高級老人ホーム。隣接する病院ではガンの最先端研究が進められていたが、特殊な院内感染が発生し──。理想と倫理の狭間で翻弄される人々。怒涛のサイエンス・ミステリー!





 [ 2016/3/20 ] 『バー・スクエアの邂逅』文庫化


『バー・スクエアの邂逅』
創元推理文庫刊 740円+税

バー『スクウェア』を舞台に繰り広げられる、友情と駆け引き。一癖ある男たちの活躍を鮮やかに描く、連作ミステリ第1弾。
(単行本版タイトル『スクウェア〈I〉』改題・文庫化)


 [ 2015/11/14 ] アンソロジー『捨てる』


アンソロジー『捨てる』
文藝春秋刊 1600円+税

人気の女性作家9名が贈る書き下ろし短篇! 小説

柴田よしき・大崎梢・光原百合・福田和代・松村比呂美・近藤史恵・永嶋恵美・篠田真由美・新津きよみ。作家発! 『捨てる』小説集。


 [ 2015/9/17 ] 『群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2』


群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2
光文社刊 1400円+税

今度の舞台は浜松&那覇! 音楽隊が奏でる至福の日常ミステリ! 陸海空自衛隊合同コンサートに出演するため浜松へやって来た佳音たちは、ある物をバスに隠してリハーサルへ向かう。
ところが、バスが駐車場から消えてしまい!?
佳音と腐れ縁の渡会三曹との恋にもついに進展が!?
爽やか青春ミステリ第2弾。
『碧空のカノン』文庫判も発売中!





 [ 2015/9/9 ] 『碧空のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート』文庫化


碧空のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート
光文社文庫刊 600円+税

航空自衛隊航空中央音楽隊でアルトサックスを担当する鳴瀬佳音は、ちょっぴりドジだけど憎めない女性隊員。
練習と任務の演奏会に明け暮れる中、数々の不思議に遭遇する。失われた楽譜の謎、楽器のパーツ泥棒、絵葉書に込められた見えないメッセージ…。
音楽隊ミステリ第1弾、文庫化!



 [ 2015/7/24 ] 『サイバー・コマンドー』文庫化


サイバー・コマンドー
祥伝社文庫刊 690円+税

ネットワークを介したあらゆるテロに対処するため、防衛省に設置された“サイバー防衛隊”。天才ハッカーや米セキュリティ企業出身者も参加する、官民の精鋭を集めた組織だ。悪辣ロシア人ハッカーを内偵の最中、突如、日本全国の工場が原因不明の稼働率低下に見舞われた。真相解明を急ぐが通信網も障害多発で―民間人が引き鉄を引く現代の戦争を描くサスペンス、文庫化!





 [ 2015/6/9 ] 『天空の救命室: 航空自衛隊航空機動衛生隊』


天空の救命室: 航空自衛隊航空機動衛生隊
徳間書店刊 1700円+税

実在する航空自衛隊機動衛生隊の医療チームと輸送機の機長を描くヒューマン・サスペンス。空飛ぶICUと呼ばれる世界有数の装備を大型輸送機に積み込み、緊急を要する患者を遠隔地に運ぶのが任務。スタッフの医官、救命士は患者のために、機長は医官のために全力を上げる。高度1万メートルで起きた緊急事態。限られた時間。襲いかかるプレッシャー。医官と機長が連携プレーで、預かった命を守る。





 [ 2015/5/15 ] 『ゾーン 豊洲署生活安全課 岩倉梓』文庫化


ゾーン 豊洲署生活安全課 岩倉梓
ハルキ文庫刊 740円+税

東京都江東区豊洲は、日本全体が少子化と人口減に悩まされる中、空前の人口増と再開発に沸き立つ。《児童ネグレクト》《ストーカー》《貧困老人の孤独死》《震災詐欺》《仕事と女性》……。江東警察署から、新たに設立された豊洲署の生活安全課の女刑事・岩倉梓の元に、今日もまたあらたな事件が持ち込まれる。







 [ 2015/3/25 ] 『ゼロデイ』


ゼロデイ
幻冬舎刊  1,600円+税

大手企業の幹部たちに届いた一通の手紙。それは、破滅への招待状だった。真相を探る二人の刑事と、テロ集団との攻防を描いた長編ミステリー。







 [ 2015/2/10 ] 『標的』


標的
幻冬舎文庫  800円+税

元警察庁キャリアが結成したVIP専門の警備チーム。そこにスカウトされた元プロボクサーの最上が見た不条理な現実とは? 爽快感溢れる長編小説。




 [ 2014/11/13 ] 『リブート!』


リブート!
双葉社刊  602円+税

銀行の取引システムを支える技術屋たちの奮闘を描く。統合を控えた2つの銀行の、違うタイプのエンジニアが最後に得るのは不信か友情か。度重なるトラブル に立ち向かう熱い人間ドラマ。毎日を懸命に生きるサラリーマンにエールを贈る!






 [ 2014/10/4 ] 『ユダの柩』


ユダの柩
朝日新聞出版刊 1,800円+税

沖縄出身で、警視庁公安警察の刑事になった友利守(ともり・まもる)。
不審な行動をするアフリカの小国・マムリアからの旅行者を監視する うち、マムリアで起きた暗殺テロに巻き込まれていく。
次々に死んでいくマムリア人旅行者たち。
彼らは何のために日本に来たのか。国家・企業の論理と、個人の倫理の はざまで揺れるひとびとの姿を描く、愛と罪の物語。









 [ 2014/10/3 ] 『走れ病院』文庫化 (『ヒポクラテスのため息』改題)


走れ病院
実業之日本社文庫刊 620円+税

あなたの町の病院があぶない!?
市で唯一の総合病院院長の父親の急死で理事を引き受けることになった風祭翔。ところが、病院が大赤字で倒産間際であることを知り、医療にも経営にも縁のなかった若者が経営改善に乗り出すことに…消えたアンケートの謎、勤務医たちの相次ぐ退職など、トラブル続発のなか、病院と「医療難民」を救う切り札とは……!? 病院のウラ側がわかる青春お仕事小説!







 [ 2014/6/20 ] 『星星の火』


バベル
双葉社刊 1,500円+税

警視庁保安課の刑事・上月は中国語の通訳捜査官・城らとともに池袋の雑居ビルに家宅捜索に向かう。
容疑は入管法違反。取り調べると、拳銃や覚醒剤が出てきた。拳銃の線を洗うと、「竜生九子」という在日華人の組織が浮かぶ。
在日華人の人脈を持つ城が独自に捜査を進めると、一人の中国人の名が。その矢先、城の妻子が拉致される。

――日本と中国。二つの国の間で揺れる男たちの葛藤を描く警察小説。









 [ 2014/3/25 ] 『バベル』


バベル
文藝春秋刊 1,700円+税

201×年――新型ウイルス『バベル』が蔓延する近未来の日本。そのウイルスに感染して発症した人間の大半は言語に障害を来たし、場合によっては意思の疎通まで不可能になる。 ウイルスとは何か? 新しいコミュニケーションの可能性とは? 福田和代にしか描きえないバイオクライシスノベル。









 [ 2014/3/25 ] 『本をめぐる物語 栞は夢をみる』


本をめぐる物語 栞は夢をみる

角川文庫 520円+税

本が、ちょっと不思議な世界や、これまでとは違った日常をつれてくるような8編を収録しています。



 [ 2014/3/13 ] 『警官の貌』


警官の貌

双葉文庫 629円+税

警察小説の第一線を走る著者による、新鮮な驚きに満ちた珠玉の短編集。待望の文庫化。





 [ 2014/1/29 ] 『タワーリング』文庫化


タワーリング

新潮文庫 550円+税

六本木の超高層ビルがジャックされた。犯人たちは最上階に住むビル会社の社長を人質にとり、ビル全体を封鎖する。脱出なるか、救出は可能か。犯人グループと閉じ込められた人々の運命が交錯する、迫真のクライシス・ノヴェル。